「志村どうぶつ園」タグアーカイブ

象のランディ

3月24日の志村動物園は特別編でした。
3つの話がありましたが、案の定、どれも泣けて泣けて・・・。

最後の話は有名な、象のランディのことでした。
映画「星になった少年」のモデルの、市原ぞうの国のランディと、坂本哲夢くんの話です。

哲夢くんがタイで象使いになる勉強を終えて戻ってきて、象たちを調教しようとしたとき、当然、調教用の棒を使いました。

鋭い引っ掛かりの部分があり、それが象のツボを刺激し、人間のいうことをきかせるのに役立つのですが、ランディはその道具をとてもいやがりました。

         

幼い頃、友達がなく一人ぼっちだった哲夢くんを元気づけてくれたランディ。
二人は仲間、友達だったのです。

けれど調教棒をもった哲夢くんはまるで、自分の上から命令するように感じたランディは反発します。

「ぼくたちはそんな間柄じゃなかったはずだよ。
友達だったのに」
って言ってるみたいに。

それに気づいた哲夢くんは、その棒で指示することはやめ、ただ撫でるだけにしました。
ランディはだんだん、打ち解け、以前のような信頼関係をとりもどします。

まさにこれから、というときに哲夢くんは突然、事故で亡くなってしました。

哲夢くんの葬儀の時、棺にかけよるランディ。
霊柩車にしがみついているように見えました。
象は死というものを理解しているし、悲しみの感情を持っている。
泣き叫ぶランディの姿に、私は声をあげて泣いてしまいました。

今思い出しても涙でボロボロです。

ほんとに、あまりに早い哲夢くんの死が残念でなりません。

今のランディです。




今も哲夢くんの死を引きずっているのでしょうか。
それとも彼なりに受け入れて昇華させているのでしょうか。

そばにバルがいるだけで幸せを感じます。





あ~、涙で目とそのまわりがかゆくて困ってます。
でも志村動物園て、いい番組ですよね。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ

志村どうぶつ園:ねこのコロちゃん

先週の志村どうぶつ園のハイジのコーナーは、やっぱり涙ボロボロでした。
見るのは少し途中からになってしまいました。

車の下にネコがいるのに気づかずに、発進させてしまい、大きなケガをさせてしまったのが出会いだったようです。

            

ご主人はすぐにねこちゃんを獣医さんのところに連れていきましたが、ケガはひどく獣医さんは「安楽死」をすすめたくらいです。
けれどお二人は、助かるものなら助けてほしい、と食い下がり、手術をすることに。
経過もきびしく、猫ちゃんは前足をひとつ失い、2年間も入院することになってしまったのです。

2年間ですよ!
奥さんはコロちゃんと名付けられた猫ちゃんをまめに見舞い、ケータイで撮った写真をメールで職場のご主人に報告していたそうです。

コロちゃんは今はお二人の家で暮らしていますが、時々、外をじーっと見ているそうです。
ひょっとして、以前にどこかで飼われていて、その人を想っているのではないか、お腹に(避妊の)手術のあともあるし・・・、と
気になって、ハイジにコロちゃんに確かめてほしかったのです。
また、知らずにとはいえ、自分の行動でコロちゃんに大怪我を負わせてしまったという申し訳なさは強く、コロちゃんが自分たちをどう思っているのかもすごく気がかりでした。
      
ハイジによると、コロちゃんがむかし食事をしている様子の背景はいつもちがうから、どうも野良猫だったようです。
その分、人間に対する恐怖は強く、多分ボランティアで避妊手術を広めている人によって、手術をされたようなのですが、そのときの痛みもよく覚えている。
お二人に対しても、はじめは恐怖の感情をいだいていた。

けれど今はまったくそんなことはない。
コロちゃんがじーっとハイジを見て、うったえているのがわかるんです。
ハイジがコロちゃんに集中しているとき、コロちゃんも間違いなくじーっとハイジを見て、答えている。

病院にお見舞いにきて、ケータイで写真を撮ってる奥さんの姿をよーく覚えてました。

コロちゃんはこう言ったそうです。
「ここにずーっといていいの?」って。

ご主人は、自分たちこそ聞きたかった、
「この家でいいの?」って。

   

多分、外を見ていたのは、外で遊びたかったからみたいです。
コロちゃんのたったひとつのお願いが、外で遊びたい、でした。

このご夫婦、お二人とも、ほんとにやさしそうな、いい顔をしてらっしゃるんです。
まるでこの世の神様みたいに。
いや、ほんと。
若いのにできた人たちだなー。
コロちゃんはほんと、幸せだよ。
涙を流しながらハイジの言葉に聞き入る姿に、私も泣けて泣けて。
もうー、目がかゆくて、ヒリヒリしました。

あー、バルは家のこと、私のことをどう思ってるんだろう。
ねー、バルー。




バルは家でいいのかなー。
わが家では、バルがほんとに大事なんだけどなー。
バルがかわいくてしょうがないんだけど。




ほんとに?
うれしいなー。
バルと少しでもながく一緒にいたいんだー。

これからもよろしくたのむね。


こんなにバルに依存してていいのかなー、
って時々心配になるパエリアです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ

天才志村どうぶつ園:ハイジさんスペシャル

11月19日の天才志村どうぶつ園は2時間スペシャル。
2時間まるごとハイジさんのコーナーでした。

動物と話ができるハイジ。
いつもと違って、いろんなところに出かけていったハイジは、よりリラックスして、にこやかに見えました。
             

ブルドッグのジェームス、パンくん、ペンギンのペンペン、柴犬、ゴールデンレトリバー、ダックス・・・。

足を悪くして、元の飼い主に捨てられた柴犬のごん助(こういう名前だったかなー)。
     
自分を置いて去っていく男性に向かって、置いてかないで、って吠える姿を思い、泣けました。
大好きだったのに・・・。
いい家族に拾ってもらってほんと、よかったね。

ジェームスとパンくんが仲良くじゃれる姿、すごく自然だった。
ハイジの問いかけに、パンくんが動きを止めてじっと反応してる姿はジンときましたよね。

                           

志村園長の亡くなった愛犬ゴールデンレトリバーのダイスケくんの最期をいっしょにすごした、同じレトリバーのイチローとダックスの小鈴(だったかな?)。小鈴ちゃんから、最期の様子をハイジが聞いていました。
    

お父さん(志村けん)はいないの?ってさがしまわってたそうです。
志村けんの思い出を胸に旅たっていったようです。

                  
長女をを事故でなくした風見しんご。
彼女が大事に育てていたダックスのトートは残された家族が幸せになることを願っていました。

動物は間違いなく、感情を持っている。
そして人間を見ている。
細やかな心で人と接してるんだなー。
犬畜生だなんて言うけど、それ、動物をわかってないなー、って思う。

しんみりしている私の気持ち、ちょっとはバルに通じてるかなー、って思ってバルを見やると、外を見てたり、運動したり。







ねー、バルー、バルは今、家にいて幸せ?
何が楽しい?
何が不満?
私って家族としてどう?




そうだよねー。
お互いのこと、わかるといいね。

食べ物の好みはけっこうわかってるつもりだけどね。




やっぱりね。
でも、塩分の取り過ぎはよくないからね。
ケチケチしてるわけじゃないんだよ。
チーズに食いつくバルって、スピードあるよね。
ほんと好きなんだね。


テレビを見てると、私のところに来て、撫でてくれって
コテンとなるバルはほんとにかわいいです。
応援クリックお願いします^^
にほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ

志村どうぶつ園に出てきた、めのうちゃん

ゆうべの志村どうぶつ園に久々に「動物と話せるハイジ」さんが出てました。
私はこのコーナーが大好きというか弱いというか、いつも涙ボロボロになってみてます。

もちろん、これはヤラセだって言う人もいるのは知っています。
でも、話すのをお願いしている家族の人たちを見てるとそんなことどうでもよくなる。
私は信じてます。

きのうは、東日本震災で亡くなった飼い主のお姉さんと最後までいっしょだった「めのうちゃん」。
かわいいミニチュア・シュナウザーの女の子でした。


(これはめのうちゃんではありません。ごめんなさい)


地震がはじまったとき、一人でケージに入っていためのうちゃん。
こわくて不安で吠えてもだれも来ない。
でも、やっとお姉ちゃんが来てくれた。
彼女はめのうちゃんが心配で危険なのに家に戻っていったようです。
     

けれど、その後に襲ってきた津波で、お姉ちゃんはめのうちゃんを抱いたまま、意識を失い、亡くなってしまった。
めのうちゃんはおぼれそうなところを必死で近くのものに乗り移って助かったようです。
水が引いてからも、ずっとお姉ちゃんがいるであろうガレキのそばを離れなかっためのうちゃん。
震災後10日目にめのうちゃんは発見されたそうです。

お姉ちゃんの最後の様子をハイジから聞いて涙する残された家族の方々。
めのうちゃんはこう言ってるそうです。
「お姉ちゃんを助けられなくてごめんなさい」




そうなんだよー。
もうー、泣けて泣けて。
心なしかめのうちゃんは元気がなく、お姉ちゃんを失った傷を引きずっているように見えました。

めのうちゃんにバルを重ねてしまい、よけい泣けてくる私。
私もバルを最後まで守るから!




うれしいけど、それは無理だから。
キミはとにかく、元気でいてほしいよ。

今もテーブルの下でゴロンとなってるバルです。




今も思い出すだけで泣けてきて、目がかゆいパエリアとバルに
応援クリックお願いします^^
にほんブログ村 犬ブログへ