「土曜マルシェ」タグアーカイブ

良縁だと思うんだけど

私はお笑い芸人の顔と名前が一致しなくて、
勘違いしてることが多いです。

なので、眞鍋かをりが以前に交際していたという
麒麟のなんとかという人を、ずっとチュートリアルの
徳井だと思っていました。

徳井って顔もいいし、俳優もできるし、NHKの「土曜マルシェ」では、場をよく読んで楽しく進行してるので、とっても好感度が高いんです。
それで「眞鍋かをりと別れて残念ねー」と思ってたのですが、別人とわかり、自分の勘違いに笑いました。

ところが先日、土曜マルシェのゲストが眞鍋かをりがゲストで出てて、徳井と共演していて、個人的に複雑な心境で見ました。
勝手にカップルに仕立て上げてましたが、この二人、いい感じだと思うなー。
絶対お似合いだよ。

よけいなお世話ですみません(^_^;)

きのうもバルはくっつき虫。




体のラインがかわいい。







最近、私がPCに向かってると、必ずこんな感じです。




すわりにくいけどかわいいから、ま、いっかー。


バルは最近また太ったかも・・・。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ

土曜マルシェ:山本太郎のべこちゃん

土曜マルシェの再放送で見た山本太郎。
イタリアングレーハウンドのベコちゃんといっしょでした。
あの細くて引きしまったラインはほんとに高貴な雰囲気ですね。それとは対照的に山本太郎にだきつくように甘えるしぐさがカワイクてカワイクて涙がうるうるするくらい。
       
      

べこちゃんは白内障で目が見えません。目が白かった。番組でもベッドの中に入ってました。

そういうワンちゃんはたまにみかけますね。私とバルがお世話になってる獣医さんも目が白いワンちゃんを散歩させてらっしゃるところをお見かけしたことがあります。「もう年よりだから」っておっしゃてました。普通の老化現象でつらい現実だけど、そうなっても犬はちゃんと生きていけます。人間がフォローしていけば大丈夫。

山本太郎もごく普通に、白内障で目が見えないベコちゃんと暮らしてる感じでした。だれにでも将来起きうることなので、元気づけられます。

とてもしつけができていて、カバンにすんなり入ってくれるところがうらやましかったです・・・。


バルは小さなころからカバンに入るのをいやがって、苦労してます。特に一番最初に家で入れるとき。興奮するし、ほえるし、入りたがらないし。

雰囲気でこれから、カバンに入っておでかけ、ってことがわかってくるともう、興奮モード。わたしのあとを小走りでついてまわります。リードをつけるのにもあばれます。なんだかよくわかりません。

一度カバンの外にだしてやって、歩かせて、またカバンに入れなくてはいけないとき(駅などで)は、おとなしく入ってくれるんですけどねー。

ベコちゃんは歯も弱ってきてるということでした。年をとった犬とくらしていく心構えをもたされた内容でした。

               

山本太郎はお母さんといい関係なんですね。友達みたいな。マザコンというのともちがうんでしょうね。でも彼女だったら、やっぱり少しやけると思うな。

徳井はなかなかMCがうまいし、べこちゃんも手をぺろぺろしてるくらい好かれてたみたいです。実はお笑い芸人としてはほとんど知らなくて、眞鍋かをりとの噂のことしか知らなかった。とても配慮のできる人ですよ。お笑いの人はそういう人、多いですね。

この日はほかに、ロココ調のイスを作る職人さん、その方に習って自分で作る人たち、落花生をテーマにしたコーナーなど、見てて楽しい内容ばかりでした。5月4日の犬猫対決の特集ではじめて知った土曜マルシェですが、とてもすてきな番組です。土曜は仕事なので、これからは録画して必ず見なきゃ。

NHK土曜マルシェ犬猫特集 岩合光昭さん登場!

5月4日、水曜なのに土曜マルシェみどりの日SPをやっていてワンニャン特集でした。
これになんとあの、動物写真家の岩合光昭さんが出演してらっしゃいました。すごいゲストですね。
     
犬猫をうまく撮るためのいろんなアドバイスがありましたよ。
チュートリアルの徳井はほんとに役得で、岩合さんといっしょに台東区の谷中で猫の撮影をしてました。

      

岩合さんは経験なのか、カンなのか動物の行動や心が読めるかのようでした。
「猫のにおいがする」
「あ、ここ猫がいますよ」
「あれはオスですね」
などと当たり前のように話されてて、いつも自然と同化してるんだなー、って思わされました。動物たちの行動を知ることから、いい写真をとることは始まるんでしょうね。

                               

岩合さんからのいい写真を撮るためのアドバイスをいくつかまとめておきます。

・まず心構え。主人公は犬猫。人間が中心だと、動物たちを緊張させてしまう。お犬様、お猫様で。

・自然のしぐさがいい。道具を使うのは視線がほしいときくらい。猫らしい、犬らしいしぐさがとれるとgood。

・視線をあわせるのが大事。だから低い姿勢で。犬猫が大きく見えます。

・急いで近づかない。警戒させないように。関心無いようなふりしていくのが◯。

・犬猫の一番いいところを引き出してあげる。それには、ほめてあげる。

・光と背景を意識して。自然光が一番で、室内でもストロボは使わないで外光をうまくとりいれる。また背景ひとつで全然違ってくるのがわかりました。たとえば、下町らしい、下町らしくない、どちらもいいんです。んー、うまく言えない・・・。

・被写体の目に光が映っているときがシャッターチャンス。いい表情でとれます。

          <           

岩合さんの動物に対する愛情はたぶん、すごいものがあるんだと思います。猫のほうからよってくるんです。紹介されてた写真で、シロクマが窓から顔を入れてきてるのがあって、おどろきました。シロクマが人に近づいてくるなんて・・・。

岩合さんの
「徳井さん、いまですよ」とか
「いい写真じゃないですかー」とか
「猫らしさが出てますね」
などの言葉がやさしく、人柄の大きさが伝わってきました。

とっても密度の濃い時間でした。

⇒デジタル岩合 動物写真家・岩合光昭 公認ホームページ
  http://www.digitaliwago.com/  
  オリンパスが運営していて、岩合さんの写真、情報が満載。
  時間を忘れる楽しさです。
  会員登録していまいました^^

   

   

NHK土曜マルシェ犬猫特集 犬VS.猫

5月4日、NHKでみどりの日SPで水曜日なのに土曜マルシェという番組をやっていて、ワンニャン特集ということで、喜んで見ました。

タイトルとしては犬VS.猫でしたが、そこは休日の朝の番組。みんなどちらもかわいいと思ってはいるけど、一応ね、というソフトな感じですすみました。女性の出演者が感じが良く、MEGUMIも渡辺真理も自然体でよかったです。出しゃばらず、進行もさりげなくやるのがいいですね。

動画対決は、かわいさでいうと猫に軍配かな。モアレちゃんの「だるまさんがころんだ」とか、まるちゃん「ヘッドスライディング」はほんとにかわいいんですよ。どちらも有名だそうですが、だるまさんがころんだは初めてだったので、おどろきました。

これです。↓



パート2もあります。
  ⇒だるまさんが転んにゃ2    

もうー、かわいさ爆裂。
少しずつ、ほんとに近づいてくるんです。そのたびに、ちゃんと止まる。
ほかにしゃべる猫におどろきまいした。「おかえり」とか「(ごはんが)足りない」とか。会話になるんです。猫ってすごい。

犬猫についていろんなことを知ることができました。

・犬のあくびは、退屈してるのではなく、緊張のあらわれ。
だから怒られてる犬があくびをすることのもよくある。バルもそうだったので、納得。ごめんね、バル。
犬が犬に対してあくびをするのは、相手に「警戒しませんよー」というサインなんだそうです。融和しながら生きる犬らしいしぐさです。 

・犬の鼻が湿っているのは、風向きを知るため。猫はひげで風向きを知ります。狩りのとき風下から攻撃するのに、必要なのです。

・犬が暑い時ハーハーするのは、熱を発散するためだが、舌からではなく、喉から発散している。

・猫の毛はぬれると乾きにくい。だから犬よりシャンプー苦手。シャンプーのにおいもきらい。バルもあんまりシャンプー好きじゃないけど。

・猫が毛づくろいするのは、きれいにするためと、体温調節するため。

・犬はオオカミ同様群れで行動するので、まわりとの調和を目的とする習性が残っている。

・猫は一匹で行動するので、身を守るため、生きるための情報をたくさん得る必要があり、感覚器官がとても発達している。

身近な犬猫について、知らないことがたくさんあって、ガッテン、ガッテンの連続でした。
って、番組がちがいましたっけ^^