「ミニチュア・シュナウザー」タグアーカイブ

はなまるに出てた平岡祐太さん

きのう、たまたま見たはなまるマーケットに平岡祐太さんが出てました。




なんて凛々しいお顔。
でも私が興味持ったのは、彼が実家で飼っているミニチュア・シュナウザーの方。




番組を見始め時、すでにこの話題になってたので、大きな写真を撮れなくて残念。
平岡祐太さんが子どもの頃から飼っているのですが、実家を出て東京にきてずいぶんたってるので、たまに帰っても、他人扱いというか、吠えるんですって。

飼い始めるときビーグルか、ミニチュア・シュナウザーにしようということになり、シュナウザーがいいと言ったのは彼だというのに、吠えられて寂しい思いをしてるみたいです。

彼には弟が3人いて、下の二人は双子だとか。
歳もはなれてるし、離れて住むようになったとき、双子ちゃんたちは小学生だったそうで、彼らのことはよくわからない、って言ってました。

実家のことを思うと、ちょっと寂しいみたいな平岡祐太くんでした。




ハハッ!
シャンプーのあとだからね。
でもバルはほんとにいい男だよ。


親バカ全開のパエリアに応援クリックお願いします^^
にほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ

マルモのおきてのスペシャル番組

10月9日に、マルモのおきてのスペシャル番組をやっていました。
春から夏にかけて、楽しみに見ていたので、なんだかすでに、懐かしい感じ。

私の1番の楽しみはミニチュア・シュナウザーのムック。
          
けれど、今回はあまり出番がなく、少しガッカリ。

鶴田真由のママが馴染んできて、いい感じ。
マモルと比嘉愛未演じるあやちゃんが、くっつきそうな雰囲気でホンワカしました。
真島クン、ごめん。

このドラマ、いつかはマモルと子供たちが離れ離れにならなくてはならなくてはならない、というあやうさを抱えてて、この先どうなるのか気になるところです。

たまにスペシャル版、やってほしいな。
でも、子役の子って、どんどん成長していくから、この可愛さは今だけのもの。
むつかしいものねー。

ムックはあんまり見れなかったけど、わが家にも可愛い子ちゃんがいるから、ま、いっかー。




バンダナっぽくやってみたけど、不器用なので、きこちないかんじだね。
ごめんごめん。




バルは喜びはしないけど、いやがりもしないでつけていてくれる。
それがうれしいんだよねー。

バルの服、作ってみたいので、作り方、さがしてみるね。


毛がのびてきて、目がかくれてしまってるバルに
応援クリックお願いします^^
にほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ

志村どうぶつ園に出てきた、めのうちゃん

ゆうべの志村どうぶつ園に久々に「動物と話せるハイジ」さんが出てました。
私はこのコーナーが大好きというか弱いというか、いつも涙ボロボロになってみてます。

もちろん、これはヤラセだって言う人もいるのは知っています。
でも、話すのをお願いしている家族の人たちを見てるとそんなことどうでもよくなる。
私は信じてます。

きのうは、東日本震災で亡くなった飼い主のお姉さんと最後までいっしょだった「めのうちゃん」。
かわいいミニチュア・シュナウザーの女の子でした。


(これはめのうちゃんではありません。ごめんなさい)


地震がはじまったとき、一人でケージに入っていためのうちゃん。
こわくて不安で吠えてもだれも来ない。
でも、やっとお姉ちゃんが来てくれた。
彼女はめのうちゃんが心配で危険なのに家に戻っていったようです。
     

けれど、その後に襲ってきた津波で、お姉ちゃんはめのうちゃんを抱いたまま、意識を失い、亡くなってしまった。
めのうちゃんはおぼれそうなところを必死で近くのものに乗り移って助かったようです。
水が引いてからも、ずっとお姉ちゃんがいるであろうガレキのそばを離れなかっためのうちゃん。
震災後10日目にめのうちゃんは発見されたそうです。

お姉ちゃんの最後の様子をハイジから聞いて涙する残された家族の方々。
めのうちゃんはこう言ってるそうです。
「お姉ちゃんを助けられなくてごめんなさい」




そうなんだよー。
もうー、泣けて泣けて。
心なしかめのうちゃんは元気がなく、お姉ちゃんを失った傷を引きずっているように見えました。

めのうちゃんにバルを重ねてしまい、よけい泣けてくる私。
私もバルを最後まで守るから!




うれしいけど、それは無理だから。
キミはとにかく、元気でいてほしいよ。

今もテーブルの下でゴロンとなってるバルです。




今も思い出すだけで泣けてきて、目がかゆいパエリアとバルに
応援クリックお願いします^^
にほんブログ村 犬ブログへ