「クロワッサン」タグアーカイブ

ヨーガンレールさんの手作り犬ごはん

クロワッサン6/25号に出ていた、デザイナーのヨーガンレールさんは、スタンダードプードルのスミちゃんを飼ってらして、スミちゃんのごはんは手作り食のみです。
もちろん、自分で作ってらっしゃる。

ヨーガンレールさんの手作り食はとってもシンプル。

肉、野菜、ごはんを重さで3分の1ずつ。

*スポンサーリンク*
[googlead]

   

肉はトリのささみやぶた肉。
野菜は無農薬の物をそのときそのときにあるものをゆでて。

これらを食べやすい大きさに切って、ごはんを加えて、野菜の茹で汁をかける。

仕上げに表面にしそオイルを。
このしそオイル、人間にもいいのですが、なかなか高価。そして、とても酸化しやすいのです。加熱は禁物です。

シンプルだけど、上質なごはんですね。

この、「肉、野菜、ごはんを1/3ずつ」の基本がわかれば、手作り犬ごはんも、むつかしく考えなくていいので、やる気がでてきますよね。

なんだか肩の力を抜いて、手作り食を続けていけるような気がします。

        

クロワッサン 犬が教えてくれること

クロワッサンの6/25号は「犬が教えてくれること」という特集でした。私は新聞の見出しを見て、即、会社の帰りに本屋さんで購入。
クロワッサン世代ですので・・・。

有名人の方々の犬の話はそれぞれ興味深かったのですが、私が心に残った記事をいくつか。

作家の町田康さんのスタンダードプードル、トイプードルを飼ってらっしゃる記事。

保護犬を引き取られたそうです。
ワンちゃんを迎えることになったときの騒動をワンちゃんが語り手となって描かれるエッセーがあるということでぜひ、読んでみたくなりましたよ。

デザイナーのヨーガンレールさんもスタンダードプードルなのですが、手作りのシンプルごはんが紹介されており、とてもとても参考になりました。
    ⇒ヨーガンレールさんの手作り犬ごはん

鶴田真由さんもラブラドールとプードルのミックスのラブラドゥードルというめずらしいワンちゃんを飼ってらっしゃいます。
「マルモのおきて」でいい味だしてます。

ほかに救助犬、介助犬のこと、保護されてる犬、犬の映画や本の紹介など犬の話題がいっぱいつまっています。
観に行く予定の「犬飼さんちの犬」もチラリと紹介されてて、うれしかったりして。

犬のいろんなカットが紹介されてました。
ヨーキーのテリアカットって、微妙だなー、って思いました。
でも、デカヨーキーのバルには、あってるかも。
  
いろんな犬自慢も、犬好きには嫌味に聞こえないから不思議。
なんていうのかなー、それぞれのワンちゃんの良さを認められるというか、その上でバルが一番、で思えるんですよねー。

この雑誌、特にこの号、これだけの情報がつまってて400円でいいのかしら、って思うくらい。
ただ、雑誌って広告料でやってるそうです。
スポンサーさん、ありがとうございます^^

こうやってる今も、PCの前でゴロンとなっているバル。

なかなかカメラ目線をしてくれません。
ねー、こっち見てー。

ダメか・・・。