犬の名前

3月17日の朝日新聞の土曜版の記事です。
「サザエさんをさがして」というコーナーがあります。
この日は犬が出てきました。




しばらく預っていたペスという名前の犬との別れがさびしくて、泣いているカツオとワカメが描かれています。

   
この漫画が掲載されたのが1960年。このころ、ペスという名前が犬の名前として、はやっていたということです。「ペス」はチェコ語で犬という意味だそうです。

「ペス」「タロ(太郎)」がとってもポピュラーだった時代。

私はペスというのははじめて知りました。
いえいえ、別に若ぶるつもりはないのですよ(^^)
ほんとに知らなかった。

今では太郎だってめったに聞かないですよね。

アニコム損害保険がペット保険に契約した犬の名前を調べたところ、今、多い名前はココ、マロン、チョコ、モモ、ソラ、モコ、サクラ、モカ、ハナだそうです。

スィーツ系が人気あるみたいです。





一緒にのっていた写真がこちら。

 

愛犬「太郎」と散歩する浅沼元社会党委員長。
この7ヶ月後、暗殺されたそうです。

堂々とした体格。
大型犬を散歩させるすがたはリラックスしているし、犬を見る目がやさしく、なんとなく亡くなられたのが惜しまれる気がします。











「バル」はそんなに多い名前じゃないよ。
スペイン語からとったんだよ。
犬の名前にするような言葉じゃないけど、言葉の響きがいいな、と思ったんだ。




ほんとに?
なんとなく、明るい感じがする名前でしょ?

今では、バルは「バル」以外考えられないよ。

飼い主はみんな、自分がつけた名前に満足してるんだろうなー。


最近は「バリュ」「バリュー」と呼ぶことも
多くなしました(^^)
にほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ

「犬の名前」への4件のフィードバック

  1. こんにちわ!

    バル君の名前の由来は、なんだろうって
    ちょっと気になってました。

    スペイン語なんですね。
    ステキ

    名付けたら、なんかその子には
    他の名前なんて想像できないですね。

    バル君! いい名前です。

  2. ★ちゅちゅたん、ありがとう^^

    テニスのラファエル・ナダルのファンなので
    ラジオでスペイン語講座をきいたり
    近くの大学のオープンカレッジに行ったりしました。

    最近は遠ざかっていますが
    またやりたいな。

    ちゅちゅたんは多分、2か国語くらいは
    しゃべれるんじゃないかな?
    海外暮らしがけっこうあるみたいだから。

    てれすくんの名前は何語なのかな?

  3. へー。すごい
    愛知県って、スペインに何か関係があるのかな。

    幼少期通ってた幼稚園
    スペイン系のカトリックだったの。

    マドレは、殆どがスペイン人。
    そんなこんなで、母もスペイン語やってたよ。

    ナダル、かっこいいよね~。

    てれすは、一匹目が「ありす」だったから
    「ありす」と「てれす」で
    「ありすとてれす aristotle=ギリシャの哲学者」
    で、ございます。
    えへへ

  4. ★ちゅちゅたん、ありがとう^^

    へー!
    すてきな名前だねー(^^)
    アリストテレスかー。
    とっても知的。深いわー。

    愛知にスペイン系のカトリックの幼稚園があるんだー。
    はじめて知りました。
    マドレはシスターのことかな。

    今年もナダル、応援しないと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です