志村どうぶつ園:ねこのコロちゃん

先週の志村どうぶつ園のハイジのコーナーは、やっぱり涙ボロボロでした。
見るのは少し途中からになってしまいました。

車の下にネコがいるのに気づかずに、発進させてしまい、大きなケガをさせてしまったのが出会いだったようです。

            

ご主人はすぐにねこちゃんを獣医さんのところに連れていきましたが、ケガはひどく獣医さんは「安楽死」をすすめたくらいです。
けれどお二人は、助かるものなら助けてほしい、と食い下がり、手術をすることに。
経過もきびしく、猫ちゃんは前足をひとつ失い、2年間も入院することになってしまったのです。

2年間ですよ!
奥さんはコロちゃんと名付けられた猫ちゃんをまめに見舞い、ケータイで撮った写真をメールで職場のご主人に報告していたそうです。

コロちゃんは今はお二人の家で暮らしていますが、時々、外をじーっと見ているそうです。
ひょっとして、以前にどこかで飼われていて、その人を想っているのではないか、お腹に(避妊の)手術のあともあるし・・・、と
気になって、ハイジにコロちゃんに確かめてほしかったのです。
また、知らずにとはいえ、自分の行動でコロちゃんに大怪我を負わせてしまったという申し訳なさは強く、コロちゃんが自分たちをどう思っているのかもすごく気がかりでした。
      
ハイジによると、コロちゃんがむかし食事をしている様子の背景はいつもちがうから、どうも野良猫だったようです。
その分、人間に対する恐怖は強く、多分ボランティアで避妊手術を広めている人によって、手術をされたようなのですが、そのときの痛みもよく覚えている。
お二人に対しても、はじめは恐怖の感情をいだいていた。

けれど今はまったくそんなことはない。
コロちゃんがじーっとハイジを見て、うったえているのがわかるんです。
ハイジがコロちゃんに集中しているとき、コロちゃんも間違いなくじーっとハイジを見て、答えている。

病院にお見舞いにきて、ケータイで写真を撮ってる奥さんの姿をよーく覚えてました。

コロちゃんはこう言ったそうです。
「ここにずーっといていいの?」って。

ご主人は、自分たちこそ聞きたかった、
「この家でいいの?」って。

   

多分、外を見ていたのは、外で遊びたかったからみたいです。
コロちゃんのたったひとつのお願いが、外で遊びたい、でした。

このご夫婦、お二人とも、ほんとにやさしそうな、いい顔をしてらっしゃるんです。
まるでこの世の神様みたいに。
いや、ほんと。
若いのにできた人たちだなー。
コロちゃんはほんと、幸せだよ。
涙を流しながらハイジの言葉に聞き入る姿に、私も泣けて泣けて。
もうー、目がかゆくて、ヒリヒリしました。

あー、バルは家のこと、私のことをどう思ってるんだろう。
ねー、バルー。




バルは家でいいのかなー。
わが家では、バルがほんとに大事なんだけどなー。
バルがかわいくてしょうがないんだけど。




ほんとに?
うれしいなー。
バルと少しでもながく一緒にいたいんだー。

これからもよろしくたのむね。


こんなにバルに依存してていいのかなー、
って時々心配になるパエリアです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ

「志村どうぶつ園:ねこのコロちゃん」への9件のフィードバック

  1. 視聴者はどんな反応をしてくれたのかなぁ?って検索していたらパエリアさんのブログに逢えました!
    テレビに出るのは本意ではなかったのですが、どうしてもコロの気持ちを確かめたくて番組に相談させてもらいました。
    ハイジさんを信じる人、信じずに批判をする人、たくさんいますが僕達夫婦は信じざるを得ない体験をしました。
    始めはスタッフさんに詳しい内容を話していたので、ハイジさんにその情報が行けば多少は話しを作ってしまうのではないか?っと少し疑っていた部分もありました。
    ところが全く話してない事・・・例えば携帯の写メを送ってもらってた話なんて一度もしなかったのに、いきなり言われて正直驚きでした。
    他にも放送では無かったですが、始めは首に鈴の付いた首輪をしていて、撮影のときはハンカチを首に巻いていたのですが、コロが「鈴を付けた首輪はやめて欲しい・・・」って伝えてきたらしく、その理由がネコは獲物とかに近づくときに静かにほふく前進の様に近づきますよね?
    「鈴が付いてるとバレるから」って訴えてきたそうです(笑)
    外を眺めてるときに庭にいる小鳥を狙ってたんですかね?家の中にも水槽があって、その中のエンゼルフィッシュをいつも狙ってたみたいです(笑)
    ハイジが話をするという表現をしてるから疑い批判する人が多いのだと思いますが、気持ちを感じ取って言葉に置き換えて表現しているのは間違いなく真実です。
    体験した本人だけが信じきれるのかもしれませんが、コロの気持ちが知れて本当に今幸せです。
    ブログありがとうございました。

    追伸、  うちにもヨーキーが2匹居ます。親子ですが母親の「さくら」はバルちゃんそっくりで驚きました!かわいいですね♪

  2. ★岩佐さん、ありがとう^^

    えー、テレビに出てらしたご主人ですか?
    うれしいなー、感激です(^^)

    私もハイジのこと、あれこれ言われているのは知っていますが、
    私は信じています。
    それでいいと思ってきましたが、
    岩佐さんのコメントを見て、確信しました。
    ハイジはほんとに、動物と会話してるんですね。

    コロちゃんの気持ちがわかって私もうれしい。
    お願いもわかったしネ。

    今、NHKのEテレで、「極める、ネコ学」を
    やっているのを知らずに見逃していて残念なのですが
    今日、別の番組で紹介していて、ネコについていろいろわかりました。

    外を見る行動は、猫の野生の部分だそうで、そんな時は人のことは頭にないようです。
    だから外を見てるコロちゃんは、足は不自由だけど、
    人になつきながらも、野生も健全にある、ごく普通の状態なんです。
    心配することないんだ、って思いましたよ。

    ところで岩佐さんのところには、ヨーキーまでいらっしゃるとか。
    楽しいですねー!
    さくらちゃんはバルに似てる、ということですが、
    バルほど規格外じゃないんだと思います(^_^;)
    でも、かわいいものはかわいいもんです。

    なんだか、コロちゃんのことも、ヨーキーちゃんたちのことも
    もっと知りたくなりました。
    お二人がブログやってくださるとうれしいなー、なんて思います。
    ぜひ検討してみてくださいね。
    もちろん、始めることになったら、教えてくださいよ!!

  3. パエリアさん!

    ちゅちゅも見ていました。
    ちゅちゅも、涙が溢れて止める事ができませんでした。

    断片的に抜粋した場面で、
    ハイジさんが「お2人のイメージは恐怖です。」と代弁しているのを聞いて、思わず「そんな!ひどい」と、口にしてしまいました。
    だって飼い主の方は、ボンネットの中に猫ちゃんがいるなんて、
    夢にも思っていらっしゃらなかったのでしょ!
    あまりに悲しすぎると思ってしまいました。

    でも番組を全部見て、現在のコロちゃんの飼い主の方への思いを聞いて、安心すると同時に、また涙が溢れてしまいました。

    ちゅちゅもありすが1週間程入院していた時期がありましたが、
    毎日は通院できませんでした。

    2年間毎日ですよ!なかなかできる事ではありません。
    きっとお2人のこの2年間の努力と、現在の生活の中でのお2人の
    深い深い愛情が、コロに伝わって生命力に奇跡を起こしたんだと思います。

    パエリアさん同様、ちゅちゅもこのご夫婦、お2人ともお若いのに温和で、良識に溢れた面持ちをした方々だという印象を受けながら見ておりましたが、やはり内面ってお顔にも出るものなのですね。

    特に、どちらか一方だけという事ではなくて、
    コロに対する愛情の深さ、姿勢がお2人とも同じである事。
    また、奥様も沢山ご自分の思いをお話になられたかったでしょうが、
    ご主人をたててか。ご主人がしっかりされていらっしゃる、ご主人が主体となってお話されているところに感銘を受けました。

    まちがいなくコロちゃんは足を失っても、野良猫ちゃんでいる時よりも、今が一番幸せだと感じているはずです。

    言葉はなくても、深い愛情や思いは、全ての生命の垣根を越えて伝わるものなのですね。
    あーー、てれすに会いたくなっちゃった。
    (今、仕事中でひと段落ついたところなの、えへへ)

    ここまできて、、、もしかしてもう一方のコメント
    「岩佐さん」って、、、コロちゃんのパパさん、ママさんですか)^o^(
    びっくりしました。
    ヨーキーも飼っていらっしゃるんですね。
    なんか嬉しいですね。

  4. ブログではないのですが、「フォト蔵」という写真サイトで「コロちゃん」又は「ゆず」などで検索してみてください。
    僕が本物だって分かると思います(笑)

  5. ちゅちゅさんも泣いてくれてありがとう。
    今のコロはほんと穏やかな顔をしています。
    当初はうちの子達が近づくだけで「シャッー!」っと
    威嚇してましたが、今ではみんなで重なって寒さをしのいでたり
    お互いに枕にしたりして仲良しです♪

  6. ★ちゅちゅたん、ありがとう^^

    ちゅちゅたんも見てた?
    声を出して泣いちゃったよね。
    ちゅちゅたんはありすちゃんで、入院を経験してるんだね。
    心配だっただろうね・・・。
    だから私よりもっとお二人の気持ちがわかるかも。
    てれすくん、かわいがってあげてよー。

    テレビのご主人からコメントもらっちゃったよ!
    感激だよね。
    紹介してくださってる「フォト蔵」っていう写真サイト、
    見に行こうね!
    ヨーキーも共通点だしね。

  7. ★岩佐さん、ありがとう^^

    フォト蔵、見てきましたよー!
    ゆず、かえで、あやめの3代親子のシーズーちゃんたちに
    さくらとサスケのヨーキー親子に、はなちゃん。
    そしてコロちゃん。
    全部で7人も!
    サスケくん以外は女の子たち。
    お家で男は岩佐さんとサスケだけなんですね。
    さくらちゃんもサスケくんも、
    バルよりずっとスマートだわ(-_-;)
    毛並みもきれい。

    コロちゃんは外では岩佐さんにいつもだっこされて、
    幸せそうですね。
    ほんとにおだやかな顔してる。

    みんなでゴロゴロしている姿に癒されます。
    大変なこともあるんだろうけれど
    なんだか理想の生活だなー。
    私はバルひとりだから。

    またみんなに会いにいきますね(^^)

  8. 岩佐さん

    ちゅちゅです。コメントありがとうございました。

    私も、フォト蔵見に行きました。
    パエリアさんもおっしゃっていましたが、
    なんとも理想的な環境ですね!

    コロちゃんも元気で、幸せそうで
    安心しました。

    実家ににゃんたという名の猫がおり、
    ありすとてれすを連れて行くと
    コロちゃんみたいに、「シャー」っと言って威嚇していましたが、
    冬はストーブの前で並んで寝ていたものです。

    デジカメを持っていなかったので、
    写真に収める事ができず、今でも悔やまれますが、
    脳裏に、心に目を閉じるとその温かい光景がよみがえってきます。
    ありすの感触、ぬくもりも、、しっかりと。

    にゃんたはおかげさまで、今も元気です。
    てれすは、ありすほど、にゃんたに相手をしてもらえず、
    いつも、ちゅちゅにべったりです。

    パエリアさん
    我々も、我々の息子大事に頑張ろうね。
    その感触、ぬくもり、、、忘れない様に。

  9. ★ちゅちゅたん、ありがとう^^

    うん、そうそう我々の息子だよね。
    毎日毎日が大事です。
    ちゅちゅたんは犬を飼ってる先輩だから
    心強いなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です