北朝鮮の豊山犬

12月24日の朝日新聞朝刊の記事です。


(クリックすると拡大します)


北朝鮮の金正日総書記が亡くなりましたが、11年前に南北の友好の象徴として交換しあった、犬のつがいのうちの、北朝鮮から韓国に送られた豊山犬(体が弱り、亡くなるのではないかと言われているそうです。

ソウル動物園で21匹も子どもを生んだそうで、よくがんばったなー、というのが実感です。

ウィキペディアによると、プンサンゲと読み、とても強い狩猟犬で日本犬とも近い種類だそうです。
こんな感じの犬です。




真っ白でたしかに日本のスピッツとも似てます。
金正日総書記がプレンセス・テンコーに送ったことがあるとか。
珍しい犬ですが、彼女、ちゃんと育ててるのかしら。
責任重大だと思うわよ。

逆に韓国から送られた珍道犬(チンドケと読むらしい)もよく似た感じです。




何の動画かはわからないです。
CMかも。
どちらも日本の柴犬よりも少し大きそうに見えます。

動物が外交に登場するのはパンダとか、象とかを思い浮かべますが、犬もそういう役割りを果たしてきたんだなー。




ほんとにそうだよね。
バルには10年どころか、20年生きてほしいと思ってるからね。
頼むよ、バルくんちゃん!


毛をカットすると、手足の細さが目立つヨーキー。
手足はあんまり短くしないほうがいいのかなぁ。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ

「北朝鮮の豊山犬」への2件のフィードバック

  1. やっほー、

    お久しぶりです!

    パエリアさん、バル君!

    年末、キャンペーンで、ブログチェック全くできなかったぁ
    今も、超・超・超繁忙だけど、、
    見ちゃった(*^。^*)

    バル君、かわいーーー
    年末のカットしてもらったのね。
    すてきよー

  2. ★ちゅちゅたん、ありがとう^^

    忙しくしてるんだね^^
    それって、ほんとにすばらしいことだよ。

    ちゅちゅたんは年末どうやって過ごすのかな。
    私は年末年始は富山に帰省です。
    雪は多いみたいなので、
    雪かきにいそしんできます(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です