「英国王のスピーチ」にコーギーが

先日、会社の人と近くの劇場で「英国王のスピーチ」を見てきました^^。
ちょっと遅いですけどね。
見たかった映画だし、ペア券で二人で1900円で見れちゃうし。
    コーギー2
全く予備知識のない状態で見たのですが、じーんとした感動をもらえてよかったー。
今のエリザベス女王のお父さんの話なんですね。
吃音をもつ国王と少し変わったセラピストとの身分をこえた交流がメイン。
国民に訴えるために、スピーチってほんとに大事なんですね。

全体に流れるピアノが心地良いです。
  ⇒英国王のスピーチの公式サイトのこのページで聴けます。

で、英国王室ということで、やっぱり出てきた、コーギーちゃん。
子供たち(エリザベスをふくむ)の部屋には2匹もいたし、どこか公式な場にもいたような。
イギリスでは犬がほんとに大事にされてる。

コーギーは活発で、頭のいい牧童犬。
思いっきり走る姿がいいですね。
     

こんなにかわいい動画もあります。




なんだか映画も犬っていう視点で見るようになっちゃいました。




うん、日本生まれだけどね。  



 

「「英国王のスピーチ」にコーギーが」への2件のフィードバック

  1. ワンの出る映画ってきになります!
    主人公でも脇役でも
    で、最近の映画「星守る犬」見たい!
    でもきっと泣きそうで
    WOWOWまでまとうかな?なんて^^

    1. tedukuridaisuki さん ありがとう^^

      「星守る犬」は多分、かなり泣けてしまうと思います(;_;)
      感動はするのでしょうが、犬がつらい目に合うのは見てられない!
      この極端な性格、なんとかしないといけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です