NHK歴史秘話ヒストリア 白虎隊を観て

1月16日のNHK歴史秘話ヒストリアは白虎隊でした。
私は悲劇的な話が苦手なので、白虎隊のことは
あまり追求しないできました。

でも、ドラマ「八重の桜」をきっかけに、
少しは耳を傾けてみようかと思い、チャンネルを合わせました。

少年たちはほとんどが自刃したり戦死したりしたわけですが、
仲間たちとはぐれたために、生き残ることになった
酒井峰治という人のことが語られていました。

みんなから遅れて自刃しようとしたところを
通りかかった農家の人に止められたそうです。

そして山中を歩いていると、何と
家で飼っていた犬「クマ」が彼を見つけ出し
駆け寄ってきたんだそうです!

      柴犬

酒井峰治はその後、城を守るために戦いましたが会津は降伏。
80歳まで生きたようです。
死後に彼の書いた戊辰戦争のときの白虎隊に関する手記がみつかり
貴重な資料のっているとか。
くわしい状況はよくわかりませんが
とっても感激してしまった私。
        
酒井峰治もうれしかっただろうけど(犬好きだったそうです)
主を見つけたクマの喜びの方が私には大きく感じる。
うれしかったろうなー。

逆に決して現れない主人を待ち続けたハチ公のことは
考えるだけで泣けてきます。

この動画の30秒ぐらいのところに
酒井峰治とクマの銅像がでてきます。

犬と人間の関係って不思議です。(猫も同様だと思う)
ほんと愛しい存在です。

バル20130117-2

そうだよねー。
銅像のクマ、うれしそうだもんねー。
駆け寄ってるよね。

バル20130117-1

ほんとにー?
あてにならないけど、私はバルを見つけるよ!



   にほんブログ村 犬ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です