犬を飼うということ:最終回 感想

スカイがとうとう亡くなってしまった。

奈良橋先生のところで最期を看とった幸子と大と眞子。勇次は仕事を抜けられなかった。でも心のなかで「スカイ、ありがとう」と話しかける。

ぼーぜんとして家に帰る3人。でも大は先生に教わったようにスカイのための祭壇を整え、火葬をしてくれる施設について、戻ってきた勇次に伝える。勇次にねぎらわれて、やっと、ワーっと泣き出す大。

                

うんうん、思いっきり泣いていいんだよ。
大君はとっても成長したね。ママは何もできなかったもんね。

本郷家を心配した奈良橋先生が訪ねてくる。窪田さんやバーのマスターや勇次の仲間を呼んで、みんなで肉なしのスキヤキをしてくれる。肉なしとは言ってもハモとマツタケが入っていて、先生なりの喪の表現だった。
       
この場で勇次は取締役の就任と、勇次の会社がスカイツリーの窓清掃の仕事をとれたことを発表する。やさしい人達にかこまれて、スカイを送り出すことができた。

その勇次の会社で事務で働く幸子はとってもいせいがよくて、頼もしかったですね。
仕事中に陣痛が始まり、女の子の双子を出産。
「これからなんでも2倍かかるよ」と心配する幸子に「2倍がんばる」とサチをだきよせる勇次でした。

錦戸亮と水川あさみはよかったですね。普通の夫婦をちゃんと演じられる二人ってなかなか実力派なのかな、って思いました。

前回の終わりで、部屋の中を記憶にとどめるかのように、見て回ってたスカイを思い出すと、今でも泣けて泣けて。これを書きながらもウルウルしています。
アラフィーは涙腺がゆるくて困るわ。

このドラマ、私に希望を与えてくれました。勇次のように、今できることに感謝して一生懸命うちこむことの大切さ。
             

そして、ペットロスをどうやってやりすごすか、のヒント。今まではただただ恐れていましたが、少しずつ覚悟がしていけるかもしれません。

私は泣けるドラマは苦手なのですが、バルを飼い始めてから、犬がらみだったら見たいと思うようになりました。
バルー、きみのおかげで、人生が変わったみたいだよ。

        

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です