土曜マルシェ:山本太郎のべこちゃん

土曜マルシェの再放送で見た山本太郎。
イタリアングレーハウンドのベコちゃんといっしょでした。
あの細くて引きしまったラインはほんとに高貴な雰囲気ですね。それとは対照的に山本太郎にだきつくように甘えるしぐさがカワイクてカワイクて涙がうるうるするくらい。
       
      

べこちゃんは白内障で目が見えません。目が白かった。番組でもベッドの中に入ってました。

そういうワンちゃんはたまにみかけますね。私とバルがお世話になってる獣医さんも目が白いワンちゃんを散歩させてらっしゃるところをお見かけしたことがあります。「もう年よりだから」っておっしゃてました。普通の老化現象でつらい現実だけど、そうなっても犬はちゃんと生きていけます。人間がフォローしていけば大丈夫。

山本太郎もごく普通に、白内障で目が見えないベコちゃんと暮らしてる感じでした。だれにでも将来起きうることなので、元気づけられます。

とてもしつけができていて、カバンにすんなり入ってくれるところがうらやましかったです・・・。


バルは小さなころからカバンに入るのをいやがって、苦労してます。特に一番最初に家で入れるとき。興奮するし、ほえるし、入りたがらないし。

雰囲気でこれから、カバンに入っておでかけ、ってことがわかってくるともう、興奮モード。わたしのあとを小走りでついてまわります。リードをつけるのにもあばれます。なんだかよくわかりません。

一度カバンの外にだしてやって、歩かせて、またカバンに入れなくてはいけないとき(駅などで)は、おとなしく入ってくれるんですけどねー。

ベコちゃんは歯も弱ってきてるということでした。年をとった犬とくらしていく心構えをもたされた内容でした。

               

山本太郎はお母さんといい関係なんですね。友達みたいな。マザコンというのともちがうんでしょうね。でも彼女だったら、やっぱり少しやけると思うな。

徳井はなかなかMCがうまいし、べこちゃんも手をぺろぺろしてるくらい好かれてたみたいです。実はお笑い芸人としてはほとんど知らなくて、眞鍋かをりとの噂のことしか知らなかった。とても配慮のできる人ですよ。お笑いの人はそういう人、多いですね。

この日はほかに、ロココ調のイスを作る職人さん、その方に習って自分で作る人たち、落花生をテーマにしたコーナーなど、見てて楽しい内容ばかりでした。5月4日の犬猫対決の特集ではじめて知った土曜マルシェですが、とてもすてきな番組です。土曜は仕事なので、これからは録画して必ず見なきゃ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です