天才志村どうぶつ園:ハイジさんスペシャル

11月19日の天才志村どうぶつ園は2時間スペシャル。
2時間まるごとハイジさんのコーナーでした。

動物と話ができるハイジ。
いつもと違って、いろんなところに出かけていったハイジは、よりリラックスして、にこやかに見えました。
             

ブルドッグのジェームス、パンくん、ペンギンのペンペン、柴犬、ゴールデンレトリバー、ダックス・・・。

足を悪くして、元の飼い主に捨てられた柴犬のごん助(こういう名前だったかなー)。
     
自分を置いて去っていく男性に向かって、置いてかないで、って吠える姿を思い、泣けました。
大好きだったのに・・・。
いい家族に拾ってもらってほんと、よかったね。

ジェームスとパンくんが仲良くじゃれる姿、すごく自然だった。
ハイジの問いかけに、パンくんが動きを止めてじっと反応してる姿はジンときましたよね。

                           

志村園長の亡くなった愛犬ゴールデンレトリバーのダイスケくんの最期をいっしょにすごした、同じレトリバーのイチローとダックスの小鈴(だったかな?)。小鈴ちゃんから、最期の様子をハイジが聞いていました。
    

お父さん(志村けん)はいないの?ってさがしまわってたそうです。
志村けんの思い出を胸に旅たっていったようです。

                  
長女をを事故でなくした風見しんご。
彼女が大事に育てていたダックスのトートは残された家族が幸せになることを願っていました。

動物は間違いなく、感情を持っている。
そして人間を見ている。
細やかな心で人と接してるんだなー。
犬畜生だなんて言うけど、それ、動物をわかってないなー、って思う。

しんみりしている私の気持ち、ちょっとはバルに通じてるかなー、って思ってバルを見やると、外を見てたり、運動したり。







ねー、バルー、バルは今、家にいて幸せ?
何が楽しい?
何が不満?
私って家族としてどう?




そうだよねー。
お互いのこと、わかるといいね。

食べ物の好みはけっこうわかってるつもりだけどね。




やっぱりね。
でも、塩分の取り過ぎはよくないからね。
ケチケチしてるわけじゃないんだよ。
チーズに食いつくバルって、スピードあるよね。
ほんと好きなんだね。


テレビを見てると、私のところに来て、撫でてくれって
コテンとなるバルはほんとにかわいいです。
応援クリックお願いします^^
にほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ

「天才志村どうぶつ園:ハイジさんスペシャル」への3件のフィードバック

  1. ハイジさん、出演されたんですね。

    以前何かの番組でも出演されていて、
    全身が動くかなくなってしまう難病に侵された男性の
    日本で第一号の介護犬の気持ちを代弁していました。

    その介護犬は、今では年をとり、
    動けなくなり、自分をもが介護が必要になってしまったために、
    オーナーさんに何もしてあげられなくなった事。
    オーナーさんを残して先に逝かざるを得ない事を
    とても気に病んでいるという事。

    そして、次の介護犬(レトリバー)に
    玄関で物音がするから見てこいと指示出しをし、
    見事に後継者のレトリバーが、
    見回りに行き、1号のレトリバーの元に
    無事を報告する姿。

    もう涙が滝の様に出てしまいました。

    パエリアさんの仰る通りです。
    動物にも感情があり、私達を思う一心で傍に居てくれてる。
    犬畜生とか言ってる人。
    心が麻痺しちゃっていると思います。

    一緒に過ごせば、きっとそんな人達の心も癒すんでしょうけれど、、
    老人ホームでの活躍ぶりも、その証拠の一つではないでしょうか。

  2. ★ちゅちゅたん、ありがとう^^

    ハイジさん、他の番組にも出ることあるんだー。
    やらせだっていう人もいるけど、私は信じてる。

    介護犬の話、泣けるねー。
    後継者まで育ててるなんて・・・。
    お別れのときが来るのは人間も犬もつらいんだね。

    バルと暮らし始めてから、ほんとに犬や動物の話に
    弱くなっちゃってねー。
    ほんと、いっしょに過ごせばみんなわかるよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です