地球ドラマチックの犬の番組

11月5日NHKのEテレ夜7時からやっていた地球ドラマチックの
「イヌはこうして進化した
~オオカミから医療介助犬まで~ 前編」

これを見たくて急いで帰ってきたのですが、友達から電話があったりして、15分くらい見逃してしまいました。

犬の起源や性質みたいなことからやってました。

オオカミから枝分かれした犬。
その起源は東アジアだそうです。
数字を覚えるのが苦手なので、何年前かは忘れちゃいました。

人間に親しみやすく、いろんな環境に順応しやすい性質ので、世界中に広がっていきました。

人間が移動するとき、人は犬も連れていったのです。
うん、わかるわかる。

この番組はアメリカの「DOGS THAT CHANGED THE WORLD」という番組で、そのプロデューサーらしい方の動画がありました。





番組のエッセンスがつまってます。
ちょっと英語は聴きとれなくて残念ですが・・・。

人間は犬を訓練して、自分たちの仕事の相棒にしました。
動画の中にもありますが、農夫の方と牧羊犬のボーダーコリーのつながりにはジーンときました。

きつい斜面をヤギを追って走りまわるボーダーコリー。
飼い主の口笛ひとつで指示を受け取ります。

牧羊に役立てるために犬を飼ったのではない。
犬がいるからこそ、羊やヤギの飼育を始められたのではないか、と解説してました。

そして農夫の方の言葉。
「彼らが現役を引退してもすてたりはしないよ。
死ぬまでいっしょだよ。 だって家族だから」
と、いとおしそうに撫でてました。
ウルウル・・・。

犬ってどうしてこんなに愛しいのかな。

後編は11月12日Eテレで夜7時から。
前編の再放送は11月14日(月)午前 [(日)深夜]0:00。
後編の再放送は11月21日(月)午前 [(日)深夜]0:00。

NHKのホームページ
よかったらご覧下さい^^

我が家の犬は、犬の祖先からいくつも枝分かれして、単なる愛玩犬になってしまいました。




キミは犬としてどんな性質を持ってるのかな。




う、うん。
番犬には意外と向いてるよね。
うるさいもんねー。
音には敏感だし。
でも、あんまり必要ないときに吠えられるとちょっと困る・・・。


この歳で犬を飼ってる幸せにひたってるパエリアに
応援クリックお願いします^^
にほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ

「地球ドラマチックの犬の番組」への2件のフィードバック

  1. 本当に、犬って凄いですよね。
    犬の存在って、昔から人間には無くてならないもの
    だったのですよね。

    ボキャブラリーの乏しいちゅちゅは、
    「凄い!」しか言えませんが、
    盲導犬、介助犬、タロ・ジロ、その他南極で
    活躍したわんこ達、
    バル君、てれす達みーんなの
    存在の大きさを思うと
    それだけで涙が出てきてしまいますね。

    お散歩サボりがちだから、行かなくちゃ^_^;

  2. ★ちゅちゅたんさん、ありがとう^^

    犬って身近すぎて、ペットとしての面ばかり
    クローズアップされるけど、
    生き物としての性質に興味津々なんですよ。

    人間にこれだけなついた動物ってほかにないですもんね。

    がんばって育てていかなくちゃね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です