マルモのおきて:第6回 感想

薫は同じクラスの隼人に「ささぶた」と呼ばれてからかわれて落ち込む。
また、「マルモはパパじゃないからいずれ捨てられる。マルモとささぶたは離ればなれー!」と言われ逃げる隼人を追っかけているうちに隼人はころんでけがをさせてしまう
。学校に呼ばれたマモルから謝るように言われるが「薫は悪くないもん」とかたくなな薫にマモルは「がっかりだよ」と思わす言ってしまい、薫はほんとに捨てられるのではないかと不安になる。

   

彩からケンカしたりした理由を聞いたマモルは双子たちが自分をどんなに慕ってくれているかわかり、「いい時も悪い時もいっしょにいるのが家族なんだ」と二人に話す。
マモルは自分が企画して売れ残った消しゴムでつくった、マモルと双子とムックが1つの自転車に乗ってる絵のスタンプをノートにおして「好きでも嫌いでも家族」とオキテを書く。
                   

忙しそうなマモルのためにせめて朝食を作ろうとはりきるほど、コーヒーがこぼれて書類をよごしたり、卵やパンをこがしてマモルにおこられる薫が健気だったな。

隼人はきっと薫のことが好きなんだよね。
だから、マモルの「男子は好きな女子をからかうものなの!」ということばは正しかったんだけど、マモルが彩に言われたみたいに小さな子の気持ちって傷つきやすいものだから・・・。
私も経験あります、はるかはるか昔に。わたしの場合、間違ってもその子が私を好きだったということはなかったけど。何度も「どてかぼちゃ」って言われてすごく落ち込みました。(ところで「どてかぼちゃ」って何?)
          

マモルがなれない手つきで薫の髪をゴムでしばってあげてたところ、よかったなー。
2つしばってたけど、かたがってるのが、かえってかわいくて、薫も直そうともせずそのままでいるところがキュンときました。
  ⇒フジテレビ マルモのおきてのホームページ 第6話のストーリー>>
   薫のかたがった髪型の写真があります。

薫は気がまわりすぎるんだよなーって思うけど、そこはドラマだから。
ちょっとのんきな友樹は癒しの存在。
友樹が隼人に「おねぇちゃんは今日、朝ごはん失敗して落ち込んでるんだからー」と話す場面、薫と隼人の間のクッションになってる感じでほっとしました。
                   
「あやまる」って大事なことですね。身近な人にほど、素直にあやまれないもの。
これをやってみるだけで、人生が変わるかもしれません。

ベッドの上で双子たちといっしょにいるムックがバルと重なってうれしくなります。
犬ってなぜかゴロンとしているといっしょにいたがるんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です