マルモのおきて:第11回(最終回) 感想

とうとう最終回。
この日は夜7時から芦田愛菜ちゃんと鈴木福くんの総合司会で特番もやってましたね。

笹倉があゆみともう1度一緒に暮らしたいと望んでいたことを知ったマモルは双子たちを返すことを決意。
子供たちにあゆみがママだということを話す。
二人は自分たちが捨てられたと思い、逃げ出すが彩に慰められたり、マモルがママはずっと病気だったけど、いつも二人を想っていたことを話し「離れていても家族」という新しいオキテを作る。

二人はあゆみママのところにもどることになった。
マモルと離れることはさびしいけど、「生きていてくれてありがとう」とママに話す薫と友樹。
この一言であゆみは肩の力が抜けて、ゆっくり母親にもどればいい、と気づく。
二人に対する負い目が大きく、どこか心が張り詰めていたみたい。

薫と友樹はまたマモルのところに戻ってきた。
あゆみママがそうしたのだ。
あゆみを受け入れてくれるように二人が育ったのはマモルのおかげ。
あせらずゆっくり母親になればいいとわかったあゆみ。
これからはいつでも会えるのだ。
「くじら」でマモル、薫、友樹、あゆみ、彩、陽介(くじら主人)6人で和やかにすごすシーンで終わりました。

ムックはやっぱり笹倉がのりうつってたんだなー。
みんなを見守ってたんだよ。
あゆみと暮らすことになったことを見届けて、映画「ゴースト」のパトリック・スウェイジみたいに、すーっとのぼっていきました。
でも、また戻ってきたのかな。
いったん、人間の言葉しゃべれなくなったのに、また話せるようになったもんね。

ムックの表情はほんとに、かわいくて、和んだなー。
ちょっととぼけた感じで。
吠える声もすきだった。

いつもは薫に引っぱられてる友樹がめずらしく、オキテを書いた紙を破るシーンがありました。
最終回らしいな、って感じでした。

マモルが会社で、開発部でなく、今の苦情係でお客さま目線で商品について考える方が自分に合ってる、気づくのも印象的。

くじらでの、楽しい風景がもう見れなくなるのが一番、残念。
あそこの料理はおいしそうだったし、主人があったかかったですから。

彩とマモルがひょっとしたら、いい感じになるのかなー、なんて思わせる終わり方でしたね。
これは絶対、続編がスペシャル版でありそうな雰囲気。

こういう、童話みたいなドラマも時にはいいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です