「南極大陸」はもう見ないかも

今週からはじまった「南極大陸」。
ストーリーは興味あるのですが、とり残される犬たちのことを思うと心が重くなっていました。

きのう、会社の人と話をしていて、この話題になりました。

彼女は猫を2匹飼っていて、よく私とペット談義をしているのです。
そんな彼女が
「私、犬を残していったそのやり方が許せないの。」
と話してくれたことによると・・・

出発する隊員たちを追ってこないように、と犬たちを鎖につないでいったそうです。
鎖につないでなければ、犬たちは自分でアザラシなどの肉を食べながら、生き長らえることができたかもしれないのです。
生き残っていたタロとジロはなんとか自分で鎖から抜け出すことができたので、食べ物を得ながら生き続けることができた。

・・・ということなのです。




えー!?
私ははじめて知ったので、ショックでした。
涙が出てきました。
会社だというのに。

いろんな事情があったんだろうけど、寒い中で鎖でつながれたまま残された犬たちのことを思うと胸がはりさけそうです。

ドラマの山本學と芦田愛菜ちゃんの顔が浮かんできます。
犬たちが必ず戻ってくると信じてる人たち・・・。

私、やっぱりこのドラマ、これ以上、見れません。
今まで知らなかった私が無知なんですけど。




悪意のある人なんていないんだろうけど、
どうしてこういうことが起こったんでしょうね。


そばにバルがいることのうれしさをしみじみ感じているパエリアに
応援クリックお願いします^^
にほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ

「「南極大陸」はもう見ないかも」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。
    私は、ラブと猫5匹を飼ってます。
    犬置き去りの件は、子供の頃「南極物語」って映画とか、小学生時代、課題図書で知りました。
    南極大陸、オリジナルの物語で、実話と多少違うみたいですね。
    胸が痛いと思いつつ、犬が気になって毎週見てしまってます。

    ドラマで活躍した犬の事で気分的に救われたのですが
    撮影のクランクインは、最終回~越冬シーンでスタートし、
    ドラマ前半の犬集めや宗谷の中、犬ゾリ訓練等は、初夏~10月にかけて撮影されたそうです。
    犬ぞりの訓練シーンや、船の中でご飯を食べる犬達を見ると、
    みんな元気そうだね、食欲も旺盛で良かった~と思います。
    ドラマを演じきった俳優犬達は、現在みんな元気で過ごしているそうです(^^)
    リキ役の犬は、もう他のドラマの撮影に入ってるとか。

    うちの犬や猫もアニマルプロダクションに登録して・・・
    とか思ったりするのですが、高名な訓練士さんにかかっても
    ムリムリそうです(@@;)

    1. ★まおまおさん、ありがとう^^

      ラブちゃんと猫ちゃんたちを飼ってらっしゃるなんて、
      すごいですねー!
      ラブちゃんて、りっぱだけど、どこか愛嬌があって
      大好きです。
      (亡くなったダイスケくんのイメージかな?)

      私も犬は見たくてしょうがないのですが、
      ストーリーとして、死んでしまう、って思うと、もうーだめなんです。
      かわいそうでかわいそうで。
      ドラマ、って割り切っちゃえばいいんですけどね。

      でも、出演していたワンちゃんたちが
      元気に過ごしているって知って
      なんだかうれしくなりました。
      ありがとうございます。
      みんな、うちのバルとはちがって、りっぱな日本犬の顔をしてるのですが、
      やっぱりみんな愛しくなってしまうんですよね。

      アニマルプロダクション、もしも登録されたら
      教えて下さいよー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です