犬の手作りごはん 野菜類

野菜類は犬のごはん全体のおよそ2割を目安にします。くだものも少し。

犬が食べてはいけない、ネギ、玉ねぎ類以外のものを幅広く使いましょう。ただ、ほうれん草はシュウ酸がふくまれ、結石ができる可能性があるので、やり過ぎは禁物です。
     
       

人間と同様、いろんなものを与えるのがいいみたいです。どんなものでも、そればかり与えるのはアレルギーにつながることがあります。

人間が生で食べられるものは犬も基本的に生でも大丈夫。でも消化はあまり得意ではないので、小さく切るといいです。場合によってはおろし金でするのも効果的。

        

加熱して甘くなったものは犬も喜ぶ感じがします。また、おじやにまぜて、いっしょに煮込むのもOK。一度に穀類も野菜類もできあがるし、何日か分かまとめて作りおきもできます。

分量はだいたいでも大丈夫。野菜はカロリーが低いので多くなってもいいみたいです。

                                         

=== バルの場合 ===

*スポンサーリンク*
[googlead]

バルの好みがわかってきました。
レタス、キュウリより、キャベツ、大根のほうがすきです^^キャベツ、大根は小さく切れば生でも消化します。
ニンジンは少し消化が苦手のようで、火を通して細かく切ってもウンチにそのまま出てきます。なので、すって加えます。
ブロッコリー、カリフラワー、チンゲン菜も食べます。
カボチャはかなり好みです。

くだものは意外と食べない・・・。りんごを少しいっしょに入れるとたべることもあります。
普通、犬はくだものが好き、といわれているのですが・・・。

野菜類はおじやに混ぜることもあれば、煮物や炒め物にする野菜を味つけする前にとりだすこともあります。こちらの方がよく食べるみたいです。やっぱり、基本的にできたてがうれしいんですね。
人間と同じです。

バルにいろんな野菜をたべさせることを考えて野菜を買うようになったので、人間の口にもいろんなものが入ります(^_^;)。ふつう、逆ですね。
食べ物って、めんどうだけど、大事ですね。

             

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です