犬に食べさせてはいけないもの

犬の手作りごはんを作るときに、まず、必ず押さえておきたいこと。
それは、犬に食べさせてはいけないものを知っておくということです。

人間にはなんともない普通の食べ物が、犬にはとても危険なものだったりします。

【犬に食べさせてはいけないもの】
■タマネギ、ネギ、ニラなどのネギ類
血液の中の赤血球を溶かしてしまう作用があります。貧血を起こす可能性があって、ときには死にいたることも。
熱を加えても変わりません。
              

■卵白
生のままでは与えてはいけないものになってしまいます。
卵白のアビジンという成分がビオチン(ビタミンE)を破壊するため、ビタミン欠乏症、脱毛、落屑性皮膚炎になりやすい。
加熱すれば大丈夫。

■火をとおした牛、豚、鶏の骨、魚の骨
とがった形に避けやすく、消化管を傷つける可能性があります。生のままだと問題ない、と書かれた本もありますし、どちらも避けたほうが無難、とされている本もあります。魚の骨は生、加熱を問わず与えないほうがいいようです。

*スポンサーリンク*
[googlead]

■イカ・エビ・タコ・貝類
消化しにくい食材です。特に生は犬にはとても負担が大きいです。加熱したものを小さくして少量与えるなら大丈夫。

■ジャガイモの芽
中毒おこす成分がふくまれていて、嘔吐、下痢、流涎、発熱、運動失調などの症状がでます。

■カフェインをふくむもの(コーヒー、紅茶など)
下痢、嘔吐、体温不調、多尿、尿失禁、けいれんやてんかんをひきおこすこともあります。

■チョコレート
カフェインと同様。
下痢、嘔吐、体温不調、多尿、尿失禁、けいれんやてんかんの原因になることがある。

■牛乳
問題なく消化する犬もいますが、苦手な犬もいます。人間と同じですね。
アレルギーの原因になることもあるので与えないほうが無難。

■チーズ
塩分が多く入っているのでNG。犬用のチーズならOK。犬は基本的にチーズは好きです。

■クッキーやケーキ、お菓子など
カロリーが高すぎます。犬用のものを。たまに、少量ならOK。

    

■アルコールをふくむもの
お酒類はカフェイン同様、よくない。
言われなくても犬にあげようとは想いませんよね。       

■加工食品
ハム、ソーセージ、ウィンナーなどのもの。
塩分が強いためということと、添加物が心配です。     

■香辛料
コショウ、唐辛子わさびなど
感覚麻痺などを起こす可能性があります。

■ぶどう、レーズン
中毒症状が出る。腎臓障害をひきおこすことも。      
           

与えてもよい食材でも、与え過ぎにならないように気をつけましょう。
同じものを多く与えるとアレルギーの原因ないなることもあります。
いろんなものをあげるように気をくばりましょう。
人間とおなじですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です