「犬の健康・老化」カテゴリーアーカイブ

犬は歯周病になりやすい

獣医さんのところにいくと、たまにもらえる「PEPPY」というこの本。
       ↓



ペットグッズのカタログっぽい本なのですが、ためになることもたくさん書いてあります。

今年の春夏号には「犬の歯」に関するテーマの記事がありました。




犬と人間では口の中の環境が全然違うんだそうです。

まず、歯の形。
人間は臼のかたちの臼歯が多いけど、犬は肉をかみ切るのに便利なように、尖った歯が多い。
だから、犬は歯のくぼみに虫歯菌がたまるということが少ない。

次に唾液の成分。
犬の唾液にはデンプンを糖に分解するアミラーゼがほとんど含まれてないそうです。
といことは口の中に糖分があまり残らない。

そして犬の口の中はアルカリ性で、人間の酸性というのと逆です。
このせいで、歯垢が石灰化しやすいということです。

犬は人間と比べて、虫歯にはなりにくいが、歯周病にはなりやすいのです!

そうなんだー。
人間より歯周病の危険が大きいとは・・・。
そりゃあ、目に見えて歯が茶色くなるわけだ。

ほかに気をつけたいのが、硬い骨やおもちゃで、歯が折れたり、すり減ったりすることがあるということ。
ひどく破損すれば抜歯するしかないそうです。

私はヒヅメは捨てました。
あれ、硬そうですもんね。

また、乳歯が残ったままになっていると、永久歯が正しい場所に生えてこなくて、かみ合わせが悪くなってしまいます。
歯石も当然つきやすくなります。

バルは去勢手術のときに、獣医さんが抜いてくださいました。

人間同様、犬も歯はとっても大事。
わたしは一時、歯医者通いで苦労したので、せめてバルはそうならないようにしないと・・・。




だったら、歯みがき、しようね。

歯石取りをお願いすることにしました

バルの歯石が、場所によってはかなりたまっていることに気づいた私。

バル、ゴメンね。
私の責任だよ。
でも、ついてしまったものは、取るしかない。

麻酔が心配ですが、獣医さんに歯石取りをお願いすることにしました。
ちゃんと歯みがきしてるワンちゃんでも、定期的に歯石取りをする方もいらっしゃるそうです。

今日も元気なバル。




ちょっと話があるよ。




あのねー、土曜日にねー、お医者さんに行って歯石取りをするよ。
朝はごはんも、水も抜きなんだ。
我慢してね。

夕方、迎えにいくからね。
たのむね。



ちょっと心配しすぎかなー。
短時間麻酔でやるそうです。
歯みがきの指導もしてくださるということだけど、
バルはおとなしくやってくれるだろうか。

って、私がしっかりしないでどうすんの!

バルの歯石が・・・

ずーっと気になってはいましたが、ちょっと現実逃避が過ぎたようです。

バルの歯が少しずつ茶色くなってきてるのはわかってました。
でも、バルは歯みがきなんてとてもさせてくれないので、
この問題は棚上げしてきたのです。

でも、勇気を出してバルの歯をしっかり見てみました。




こ、これはかなり頑固な歯石がついているのでは・・・。
おまけに歯茎がはれてしるような。

いろいろ調べてみました。
自分で、歯石をとる方もいらっしゃいます。



これができればいいけど、バルは多分ダメ。

小さなころから、ぬらしたガーゼでなでてあげるだけでも防げる、ということでした。
でも今からでは遅すぎる。

あと、馬アキレスは歯石をつきにくくするということです。
  ⇒犬とその同居人
こちらのワンちゃんは馬アキレスのせいか、歯石が全然ついてません。
真っ白なんです。
特に大型犬はつきにくい傾向があるようです。

ちょっとショック・・・。
どうしたらいいんだろう。
獣医さんのところで、一度歯石をとってもらうといいのかなー。
でも、麻酔が心配で心配で。

けれど、頑固な歯石になってるようなので、これは専門家にお願いするのがいいような気もするし・・・。

今の気持ちとしては、5歳、という体力のある時期に、麻酔のリスクを覚悟で歯石をとってもらう。
そしてそれ以降は、歯みがきか、ガーゼでなでることを習慣にする。

で、馬アキレスをカミカミさせる。

今日、獣医さんに相談してみようと思います。

バルにいつまでも元気で食べてほしいから。


 

A.P.D.C.っていうシャンプーをはじめて使ってみた^^

A.P.D.C.っていうシャンプー剤、初めて使ってみました^^


今までは、薬局で普通に売ってるのとか、オリーブ石けん&クエン酸リンスどかでやっていました。

オリーブ石けんは少しパサつくけど、2,3日で落ちつくし、シンプルなので、意外と悪く無いです。香りはないけど、犬にはほんとはそのほうがいいんじゃないかな。
ただ、乾燥する時期には静電気が気になります。




で、たまには通販でよく見かける、このA.P.D.C.っていうのをつかってみたかったんですよ。
ミーハーですね。

ティートリーなどの天然成分が使われてるとか。

ウキウキと注文して届いたのがこちら。
手書きのメモや次回の割引券がついてました。




これはバルのためのものだけど、食べられない



このお店はシャンプーとコンディショナーとセットだと送料は無料。




それと、レビューを書くとこんな刺し子のおまけがついてます。




実際に使ってみると、思ったより臭いが強かった。
それとコンディショナーはけっこう、ヌルヌルが強力なので、すすぎはしっかりやりました。
シャンプーと同じくらいの量をお湯でのばす感じで使ってみたのですが、それをもっと少なめにして、薄めて使うとピッタリきそうです。

それでも乾いてくると香りは控えめになってなかなか良いです。
それにやっぱりオリーブ石けんと比べると、手触りがよく、ツヤっとしてます。

で、毛にハリがある感じが気に入りました。
しっとりしても、毛が寝てしまうのは私の好みではないのです。
人間もそうですが毛の本来ハリがちゃんとあるのが好きです。
(私の毛はハリ、ありすぎで困ってますけど)
バルのクセッ毛でフワフワしたところが生きると思います。

当のバルは、どのシャンプーだろうと関係ないみたいです。
終わると解放感で、暴れまくります。




いやなものはいやなんだよね。




興奮してます。




あてつけがましく、シートをはずしておしっこしたり。




シャンプーは疲れるね。




一息ついて、この表情。




バルのこのアングル、大好きだよ。
ほんとにかわいいと思うもん。

キミ、かわいいねー、って1日に何回言ってるかなー。

   

耳の健康、老化

犬って、鼻がいい、とは言われてますが、耳もかなり敏感です。
バルはちょっとした物音に必ず反応するし、警戒して家の中で外に向かってほえることも(^_^;)
野生の本能だなー、ってしみじみ思います。敵に注意しなくちゃいけないし、獲物を逃さないようにもしなくてはいけない。もちろん、仲間の気配にも気を配る。

耳はほんとに大事な器官なんですね。
       

でも、老化すると、この耳も遠くなるそうです。

*スポンサーリンク*
[googlead]

人間と全く同じですね。
当人はのんびりできていいのかもしれません。今はまわりに敵なんていないのですから。
活発なバルがおだやかになっていくのかー、と思うと、いいような、さびしいような、複雑な気持ち。
バルがいいなら何も心配することないんですけどね。

実家の父が耳が遠く、急に話しかけたり、肩をたたいたりすると、びっくりします。犬も同じだそうなので、静かにさわってあげるといいようです。

犬によりますが、耳が汚れやすいことがあります。
立ち耳の場合、汚れにくいのですが、バルはどちらかというと、汚れやすい。
時々、獣医さんのところで耳のおそうじをしてもらいます。

一度、汚れがひどく、とてもかゆがる時期がありました。そのときは耳ダニが見つかりました。映像で見せて下さいましたが、憎らしい形をしてました。
薬をぬってもらって、治りました。
それ以来、汚れ方が少なくなってほっとしています。

素人が耳をいじるのはあまりよくないようです。
人間もそうですが犬の耳もとても傷つきやすい。

耳の洗浄液というのがあるので使ってみるといいかなー、と思ってます。