「犬の健康・老化」カテゴリーアーカイブ

ソファに座布団の階段を設置

バルの膝の関節が外れることがあることがわかってから、どうしたらいいか、ということがいつも頭のかたすみにあります。

まずは、手っ取り早い対処を。
ソファの前に座布団を重ねたのを置いて、階段状にしてみました。


バル20141010-1


バルにとっては単なる障害物?

迂回して通っていきます。


バル20141010-2


それでもこの階段経由でソファから降りることもあります。
少しは役に立ってるかな。

トリミングをやってくださるKさんは、知り合いの獣医さんに聞いてくださいました。
今の時期は季節の変わり目で、冷えてきているので、関節が良くないとか、下痢をするとか、という症状で受診するワンちゃんやネコちゃんが多いそうです。

暑いのより、少し寒いくらいのほうが犬にはいいのかな、なんて思ってましたが、寒いのはあんありよくないのかな。

Kさんは「人間と一緒だよ」って言われます。


バル20141010-3


うん、頼むよ。
バルは無鉄砲だから心配だよ。
バルの身に何かあったら、私、心配でどうなることか・・・。

今のところ、バルは元気です。



応援クリックお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ
にほんブログ村

ヨーキーは膝蓋骨脱臼になりやすい

きのう、バルのトリミングをしてもらったのですが、その時、膝の関節がはずれたようなのです。
これって「膝蓋骨脱臼」という症状だよなー、ってバルの病気を受け止めました。

ネットで調べると、犬にはよくある病気なのですが、ヨークシャーテリアは膝蓋骨脱臼にかかりやすい犬種の筆頭です。
ヨーキーは骨がホントに細いですから・・・。

まずは、取り組むことができる対策を考えました。
トリミングをしてくださるKさんのアドバイスも含め整理しました。

1.体重を減らす!
膝への負担を減らすことはとても大事。
毎食の量を少しだけ減らすことにしました。
多分、多すぎるんですよね。
バル、管理が良くなくてゴメン。

バル20141009-1

2.じゅうたんを増やす
フローリングのすべりやすさは、膝に負担をかけます。
今も敷いていますが、部分的なのでもっと増やそうと思います。

3.ソファの前には座布団を積み上げておく
バルはソファに元気に飛び乗ったり、飛び降りたりしていますが、
クッションになるように、座布団経由で移動できるように準備
しておく。

4.バルを床に下ろしてやるときは丁寧に
床に足がつくまで、そっと置いてやる。

5.まめに膝のチェックする

6.関節にいい食事
Kさんによるとチキンの砂肝やレバーはいいようです。

こんな感じかな―。

バル20141009-2

いいよいいよ。
私の責任だし、バルにすっと元気でいてほしいから。

お互い気をつけてがんばろうね。

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ
にほんブログ村

重曹って犬のシャンプーにも使える!

図書館で重曹の本がいくつかあったので、1冊借りてきました。
重曹のいろんな使い道がわかりやすく書いてあって楽しく読んでいます。


重曹の活用知恵袋 改訂版―自然素材でお家ピカピカ! しつこい汚れやにおいが落ちる! (ブティック・ムック No. 899)


その中に、ペットのシャンプーにも使える、と書いてあったので驚きでした。
シャンプーの後に重曹水をかけると、毛づやがでて、フワフワになるとか。




はじめて知ったことなので、不思議な感じ。
でも、食品でもあるし、バスソルトの材料でもあるので、犬の体にも安全なことは確か。

なので、さっそくトライ。
バルの散歩で雨に降られたので、ついでにシャンプー。
シャンプーのあと、セットのリンスは使わず、お湯に重曹をスプーン2杯くらい入れてバルの体にかけました。
このあとのすすぎはいらないみたいです。

バルー、どう?




そうなんだよね。
使ってるリンスはシャンプーとセットだから、多分一番いいんだとは思うのですが、ヌルヌルした感触が気になっています。

でもこの重曹リンス、サラっとして、フワフワって感じに乾きましたよ。
細くてフワフワのバルの毛に合ってる気がします。
セットのリンスより、こっちの方が使い心地、いいなぁ・・・・。

こんなに身近にあるもので、簡単に、しかも安全に犬の体のケアができるなんて、すばらしくないですか?




でしょう?
こういう情報が意外と伝わってこないのはなぜかしら?

重曹のこと、もっと知りたいです。


バルはシャンプーはおとなしくしてくれますが
そのあとは興奮して走りまわります。
お疲れのバルに応援クリックお願いします^^
にほんブログ村 犬ブログへ

涙やけにホウ酸水がいいとか

前ほどじゃないのですが、バルは目の中側に少し涙やけがある。
茶色い粘りのあるものがついて、うっかりすると、
カパカパに固まっちゃいます。




病的なほどではないのですが、少し気になるかな。

そんな涙やけのお手入れにホウ酸水がいいということなので、
さっそく作ってみました。

どこかにホウ酸があったはず・・・、と思い、さがして引っ張り出してきたホウ酸。
おそろしく古い。




なんでこんな大きいの買ったのかも思い出せない・・・。
いたんでないようだから、いいよね。

2%のホウ酸水ご一般的なようです。
2グラムのホウ酸を150ccの水に溶かせばいいそうな。

正確に測れるハカリはあるのですが、今、電池切れなので、大体で。

2.5ccのスプーン1杯弱いれました。

意外と溶けにくいのですが、地道にとかして、安直に完成。
ボトルに入れて、冷蔵庫で保存。

コットンにつけて、バルの目のまわりをふいてます。
効果はわからないけど、消毒効果があるそうですよ。

歳のせいか目のまわりがかゆくてつらい私にも、使ってます。

ヨーキーのように、色がついてる犬の場合はまだいいのですが、
色の白いワンちゃんの場合、目のまわりが変色して、けっこう、影響大きいようです。

まずはできることから取り入れていきたいです。

あ、歯みがき忘れてる・・・。
やっぱり、いやがるのよねー。





何にしても、バルにはうれしくない話題でした。

歯のお手入れ

獣医さんのところで歯石取りをお願いしたとき、歯のお手入れのついて教えていただきました。

こういう歯磨き用の指サックをくださいました。

    




これに薄い塩水をつけてみがいてやってください、とのこと。
歯ブラシよりもひょっとしたら、バルは受け入れやすいかも。
それに歯みがき用のペーストじゃなくていいんだー。

やや年輩の先生なので、どちらかというと、ゆるい感じです。
バルの体重も、増えないようにね、という程度。
「太ってるほうがかわいいけどね」って言われるくらい。

ズボラな割には心配しすぎることがある私には、ちょうどいいかもしれません。


くださった紙のコメント欄に、
「・・・食後に必ず水を飲ませる習慣をつけたり、固いガム等をかませ、今後の付着に注意しましょう」
と書いてありました。

そっかー、水を食後にすぐに飲むのは歯石の予防にいいんだー。

ごはんと並べて、水を置いておけばバルも必ず水をのむのでは?
みなさん、当たり前のようにやってることなのに・・・。

今さらながら、さっそく取り入れました。

台はアマゾンの箱に古い電話帳を入れてー。
(何という安直さ!)

バルは、ちゃんと食べてくれるかな。




うんうん、食べる方は抵抗なく受け入れてくれました。




食べ終わったら、続けて水を飲んでくれるかなー。
「続けて」ってところがミソなんだから。




よーし、いいね、いいねー!
この調子!
これで、少しは歯石を防げるかしら。

こんな簡単なことが歯石予防に役立つんだったらもっと早くやればよかった。

ちょっと前進した感じでうれしいです。