お彼岸の日のおはぎ作り

春と秋のお彼岸には、ダンナさんのお母さんがたいていおはぎを作られるので、今日はお手伝いに行ってきました。
お手伝いだなんて、いい歳してねー。
メインで作らなきゃいけない歳だわよねー。

お昼にお好み焼きを作ろうと思い、材料を準備して出かけました。




山芋のたぐいは欠かせないわよね。

午前中には炊き上がったもち米を一口大にまるめる作業をしました。
で、お昼を食べてる間に、あずきを冷ましました。

お好み焼きはもちろん、私が作ったんですよ。
家で作ったお好み焼きでも、「オタフクソース」とかつおぶしをかければ、かなりいけます。

食後のコーヒーを飲んでから、あずきで包む作業。

濡れふきんにあずきを適量のせ、丸めたもち米の団子をおいて、包んでいきます。

あずきはやっぱり家で煮たのがおいしいです。
たくさん作って、食後だというのに別腹で何個もその場でいただいて、ダンナさんにお持ち帰りしてきました。




帰りに、お父さんの膝の上のバル。




いい天気だねー。
バルもハーハー言わなくなったよね。




かわいくおすわりしております。







ナデナデされるがまま。




今日も楽しかったねー。
チーズももらったし。

よく歩いたよね。

家に帰って、私が他ごとをしているうちに、バルは深い眠りに。




いっぱい歩いたし、外の物音にいっぱい吠えたから、疲れたねー。
目が覚めたら、ごはんにしようね。


お父さんの癒しになっているバルに
応援クリックお願いします^^
にほんブログ村 犬ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です