岩合光昭さんの世界ネコ歩き

NHK BSプレミアムの岩合光昭さんの「世界ネコ歩き」。
いつも気にかけているのですが、途中になったり見逃したり。
でも、そういうゆるさがまたいいのですよね。

その土地その土地で、人間と共存しながら、自分たちのペースで
生きているネコたち。
人に飼われていないネコを「野良」っていうことに
違和感をおぼえてきます、この番組見てると。
飼われていないのが当たり前だもんね。
どうやって、何を食べているのか気になりますが
なぜかちゃんと生きてます。





ネコと自然と会話しながらついていく岩合さんの姿に
共感をおぼえます。
岩合さんはいつでも、見ただけでオスとメスがわかるようなのですが
どうしてかな。

ゆったーり撮影された映像。
とてもとても贅沢な番組です。

こんなかわいい動画もありました。




バルと暮らし始めてから犬とかネコみたいな小動物が
かわいくてかわいくてしょうがない私。
動物虐待なんて見聞きすると怒りと悲しさでたまらない気持ちになります。
犬猫のことを思うだけで泣けてくるなんて、ちょっと異常ですね。


バル20130908-1


うん、バル、長生きしてよ!



にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

座布団カバー ひまわり

座布団カバーが傷んできたので、少しずつ作り直しています。

第1弾がこちら。


座布団カバー1


地味ーな生地に、ひまわりをアップリケしてみました。
この地味ーな生地は、先日テレビで見かけた、「三河木綿」に
触発されたものです。
ひまわりは、自分のフリーハンドで書いた花びらを型紙にして、
10数枚準備して奥たてまつりでアップリケ。
写真ではわかりませんが、まわりを上からオレンジ色で
見えるステッチをかけて、押さえてあります。
アップリケは手持ちの適当な布で作ったので、色は地味め。

ずーっと気になってたので、少し達成感です。


バル20130906-1


そうそう。
この座布団の上でゴロンとなってるバルを見ると
私もくつろいだ気持ちになるよ。

2つ目もただいま作成中です。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ

あごだしを味わってみたい

7月の「満天青空レストラン」で「あごだし」が出てました。
番組ではそれをとろろご飯につかっていました。

じっくりあご(トビウオ)を水につけてもどしてとっただしに
なぜかとてもそそられました。
味までは伝わらないのに不思議です。

でも、そう簡単に手に入らない。
で、スーパーに行った時に、インスタントであるかなー、と
さがしてみたら、シマヤのがありました。


あごだし1

あごだし2

というわけで安直にあごだしを試してみました。
薄く塩味もついています。
魚からとった味がします。
焼いた魚の味がするのが、普通の煮干しのだしとちがうところかな。

これで本物のあごだしをわかったわけではないけれど
想像できるようになりました。

お湯にとかしただしに、うすくしょう油と塩を足して、冷やして
そうめんをぶっこんで食べました。


そうめん

なかなか品の良い昼食になりました。
味噌汁に多めに入れると、いつもとちがう味わいで楽しめます。
すぐに使いきっちゃいました。


バル20130905-1

ごめん、ごめん、バルのご飯が後回しになっちゃったね。
バルは食いしん坊だからね。



にほんブログ村 犬ブログへ

映画 花のあと

9月3日夜、BSプレミアムでやっていた映画の「花のあと」。
新聞でストーリーを見て、気になって観てみました。

30分くらい遅れてしまったのですが、
あ~あ、最初っから観ればよかった、と後悔してしまいました。

ストーリーはこちらから。
   ↓
東映「花のあと」のページ

北川景子は、静かで凛として美しく、
それが殺陣のシーンをより際立たたせてました。

たった1度の竹刀の手合わせで、恋に落ち、けれどそれは秘めたまま。
女ひとりで仇をうつなんてそこはやはり物語なのですが、いいのいいの。
それを見守る許婚の武士も昼行灯で、やさしく、強い。

最後のシーンで、北川景子が甲本雅裕のあとを、穏やかな笑顔で
早足気味に歩いてついていく姿に、じわじわーっときました。

波立つ恋心に踏ん切りをつけ、本当の幸せにたどりついたんだ、
って伝わってきました。





藤沢周平の作品を読みたくなりました。
実は「武士の一分」も「山桜」も観ていない。
藤沢周平って、ロマンチストだなー、なんて幼稚な
感想を持ってしまいました。


バル20130904-1


は~い、気をつけます。

にほんブログ村 犬ブログへ